即日融資のカードローン

即日融資のカードローンで最短審査なのは?

指差ししている女性

即日融資のカードローンは種類が沢山ありますが、審査が早くてスグに結果が分かるところは少ないんです。

 

冠婚葬祭や飲み会、入院費など、誰にでも不意に急な金欠や出費は襲い掛かってきます。そんなお金のピンチを助けてくれるのが、最短30分後に結果が分かる大手カードローンの即日融資です。

 

知人や家族にお金を借りる方法もありますが、人間関係に少なからず溝ができるのは確実ですので、多くの人がカードローンを利用しています。

 

即日融資で選ばれているカードローンランキング

業界最大手アコム

アコム

アコムが選ばれる理由

アコムの業界最大手としての知名度や安心感で、初めてカードローンを利用する人からも人気が高い。
また、30日間無利息・最短30分審査という使いやすさの面でも利用者から支持されている。
楽天銀行の口座を持っているなら、24時間振り込み融資OKというのもポイント。

年利 3.0〜18.0%
30日間無利息
融資時間 最短1時間
パート・アルバイト 安定した収入があればOK
急ぎに強いプロミス

プロミス

プロミスが選ばれる理由

三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座を持っていれば22時までの契約完了で24時間振り込み可能、という「瞬フリ(振込キャッシング)」というサービスが人気。
また、プロミスの無人契約機だけでなく、三井住友銀行の契約機も利用できるのは嬉しいポイント。
カードを持ちたくない人は、郵送物なし・カード発行なしも選べる「Web完結」も選べる。

年利 4.5〜17.8%
30日間無利息
融資時間 最短1時間
パート・アルバイト 安定した収入があればOK

 

即日融資を受けるための時間制限

昼過ぎまでにネットで申込をして、午後2時までに審査を終えれば、あなたの銀行口座に即日で振り込み融資をしてくれます。

 

早ければ1時間後には口座に現金が振り込まれる便利さが、即日融資カードローンの醍醐味です。

 

金融機関の振込み時間を過ぎたら、当日中はもう無理なの?と心配する必要はありません。

 

大手であれば、無人契約機の設置台数も多いので、そこでローンカードを受け取ればOK。併設のATMやコンビニにも設置してある提携ATMからお金を引き出すことができます。

 

契約機は21時や22時まで営業しているので、夕方以降に申し込んでも即日融資が受けられるのは、大手カードローンの強みです。

 

本サイトでは、安心して利用できる即日に強い大手のみを厳選掲載しているので参考にして下さい。

即日融資の審査はどんな感じ?

内緒のサインを送る女性

即日融資をして貰う上で、誰でもクリアする必要がある関門になるのがカードローンの借入審査です。

 

申し込んだ人が「返済できる経済力を持っているか?」を明らかにするのが目的です。融資を申し込んでも審査に通過しないと即日融資は受けられないので、とても大切なハードルです。

 

ここでは、多くの人が疑問に思っている「審査ってどういう事をしているの?」というポイントについて解説していきます。

 

こうやって即日融資の審査は進む

1.スコアリング審査

今の時代、借入審査の第一段階に「スコアリング審査」という平準化した基準を用いています。

 

スコアリングのイメージ

 

申込者の年齢・職業・年収・住宅環境(持ち家、賃貸)という『属性情報』を数値化(スコア化)した結果を、まずは自動的にはじき出します。その数値を「過去の顧客データ」と照らし合わせ、似たような数値の人の利用状況と見比べて、きちんと返済能力があるかないかを短時間で評価しているのです。

 

このスコアリングを用いることで、申込後30分ぐらいで審査回答がはじき出される時間短縮効果以外にも、審査基準の平準化に貢献し、その結果として私たちが気軽にカードローンで即日融資が受けられるようになりました。このスコアリングに無事に通過すると、次は他社からのキャッシング状況をチェックされます。

 

申込者:即日 太郎さん
スコアリング結果:20点

 

仮に上記のような結果とすると、過去の顧客データからAさんと同じ20点の人を探し出し、そのスコアだった利用者の傾向を分析します。
もし「返済に遅れる事が多い傾向がある」など、審査に不利な傾向がある場合には、Aさん自身は何も悪いことをしていなかったとしても、残念ながら審査に悪影響を与えてしまうことも珍しくありません。

 

2.信用情報の記載事項を確認

指定信用情報機関(CICやJICC等)のデータを確認し、「何社からいくら借りているか?」の確認と、「これまで返済トラブルが無かったか否か」を調べます。

 

つまり、今までの信用力=返済能力を信用情報によって査定し、融資をしても問題のない人物かを見ているのです。

 

信用情報調査のイメージ

 

また、総量規制の対象となっている人物か否かをチェックすると言う狙いも同時にあります。総量規制を簡単に説明すると、自分の年収の1/3以上の金額を超える融資は受けられないという法律で、多重債務者を増やさないようにする、というのが狙いです。

 

ただし、この総量規制に当てはまるものは貸金業法の管轄下であるクレジットカード会社と消費者金融からのキャッシングだけです。

 

逆に言えば、信販会社と消費者金融以外の一般的なローンについては総量規制の対象にはなりません。貸金業法が絡む法律なので、銀行法管轄下の銀行からの各種ローンは関係ありません。

 

こうしたステップに合格すると在籍確認が行われます。

 

信用情報機関は、内閣総理大臣より指定を受けた貸金業法に基づく指定信用情報機関の「JICC(株式会社日本信用情報機構)」「CIC(株式会社シー・アイ・シー)」や、「KSC(全国銀行個人信用情報センター)」の3つが日本にはあります。
国内の金融機関(消費者金融などのノンバンクも含む)は必ず信用情報機関への加盟が義務付けられているので、今までカードローンとは無縁だった人でも様々な情報が記載されているのです。

 

例えば、携帯電話の大手3社はスマホなどの分割販売の割賦販売業者として登録しているので、端末代金の残債や支払い状況などが信用情報として登録されています。

 

クレジットカードの利用暦や各種のローンなど、日本で現金払い以外の各種の金融取引が行われた際には、信用情報に記録されると覚えておくといいでしょう。

 

また、平成20年から日本学生支援機構も加盟したので、奨学金返済が3ヶ月遅れた場合にも記録が残るようになりました。学校を卒業して非正規雇用や給料が少ない職業に就いて「奨学金の返済にお金が回せない」、という若者が急増しています。

 

そして現代生活を送る上で必須アイテムとなったスマホは、そこそこの機種でも5万円以上と高額な部類に入る家電製品です。ついうっかりで、そのスマホの分割購入代金を滞納してしまうと、信用情報に傷をつけてしまう事となります。

 

こうした奨学金とスマホ分割料金の返済滞納によって、近年では20代の若年層で「知らない間に信用情報に傷をつけている人」が増加傾向にあります。

 

万が一の金欠時を補ってくれるカードローンを申し込んでも、自分が意図していない原因で審査に落ちてしまう可能性も十分にあります。不用意に自分の信用力を落とさない為に、諸々の支払いは必ず遅れないようにしておきましょう。

 

3.勤務先への在籍確認

在籍確認とは、申請した企業に本当に在籍しているか?を、実際に電話をかけて確認するものです。絶対に金融会社名を出さずに、個人名で電話が掛かってくるのでキャッシングをしたと分かってしまう心配はありません。

 

(※アコムの融資担当○○と申しますが…ではなく、「○○と申しますが…」と掛かってきます。)

 

この電話のときに仕事で外出していなかった場合でも、その会社に本当に籍を置いていることが分かれば問題ありません。概ねどのカードローン会社でも、こうした審査を通過すれば即日で口座に現金を振り込んでもらえます。

 

まれにカードローン会社によって微妙に違うこともありますが、総じて即日融資を受けるまでのステップは、以上のような流れで進みます。

 

伊藤や鈴木といった個人名で在籍確認の電話はかかってきますが、それでも会社に個人宛の電話が掛かってくること自体が怪しまれる!という人も多いです。

 

特に従業員の少ない中小企業や工場勤務の方など、普段から外部と電話連絡を取らない勤務スタイルでは、たとえ個人名でも自分に電話が掛かってくること自体が不自然というケースです。

 

そうした場合には、各カードローンのオペレーターに相談してみましょう。特に大手であれば、電話以外での代替案(給与明細の提出など)を提示してくれるところも多いです。

 

周りの人への言い訳として「クレジットカードを作ったから、その在籍確認の電話があるかも」というのも一つの方法ですが、できる限り余計な詮索を避けるという意味でも、カードローン申し込み後にオペレーターに相談してみるのが最も安全で確実です。

即日融資の知っておきたい3種類

1万円札

即日融資のカードローンは、誰でも突然やってくるお金のピンチを助けてくれる便利な味方ですが、3種類のタイプに区分されるのをご存知ですか?

 

  1. クレジットカードと一体になっているキャッシング機能
  2. ユニークなCMでお馴染みの消費者金融
  3. 近年注目度上昇中の銀行カードローン

 

担保や保証人に関わらずお金を借りることができるという同様の特徴はありますが、その違いを理解しないと正しい選択ができないこともあるので、それぞれの違いを頭の片隅に入れておくといいかもしれません。

 

最大の違いは金利と審査ハードル

即日融資の3つの違いを知るのに重要なのが、借入利息をどのくらい支払わなければならないかといった部分です。

 

貸金業法の下で括られるクレジットカードと消費者金融においては、意外にも同じくらいの金利設定がなされています。

 

一方銀行カードローンはというと銀行法の制約を受けており、金利面では利用者の負担が少ないという違いがあります。単純に金利の数字だけを比較すれば、銀行が一番お得なのは間違いありません。

 

管轄する法律の違い

 

低金利は理想ですが、その条件で融資をしてもらう為には、それ相応の審査に通る必要があります。噛み砕いて言えば、審査基準が厳しいために銀行は他の2つよりも融資を受けづらくなっています。

 

銀行の低金利は魅力だけど、審査は最も厳しい。

 

キャッシング枠の付いているクレジットカードを既に持っているのであれば、それを利用すれば新たに申し込みをする手間が省けますね。即日性というスピード感やお手軽感ではNo.1です。

 

しかし、それでは高金利で借り入れをすることになります。余分な利息を負担する必要が出てきます。

 

同じ貸金業法のくくりであるクレジットカードと消費者金融は金利も同じくらいであるという点に先ほど触れましたが、消費者金融によっては「所定の期間は無利息」という非常にお得感のあるサービスをしている所もあるんです。

 

クレジットカードと消費者金融の金利はほぼ同じだけど、「無利息サービス」がある消費者金融の方が利息負担は減らせます。

 

その「無利息サービス」をしている代表が、テレビCMで知名度も高いアコム・プロミス・アイフルです。30日間は金利ゼロなので、その期間中に完済してしまえば、利息を一切支払う必要がないわけです。

 

たとえ全額返済には至らなくても、30日間の無利息があるのとないのでは最終的な利息金額はかなり変わります。

 

 

このようなサービスの存在を知らずに、ただ単に手軽だからというだけで即日融資の選択肢として、クレジットカードのキャッシングを利用するのはなんか損している気がしませんか?

 

銀行よりも高い金利ではあるものの特有のサービスを提供していることと、最短30分で結果が出るということが、消費者金融が即日融資に強い理由です。即日融資をしてもらいたい時には、便利で早い消費者金融をおすすめします。

 

誤解の多い消費者金融

疑問を抱いている女性のイメージ

その時々でのお金のニーズに合わせて、借入先を絞っていくことが利口な方法です。でも、どちらかと言えば消費者金融よりも、クレジットカードの方が馴染み深い…。という風に感じる人もいるかもしれません。

 

しかし先ほど説明した通り、消費者金融もクレジットカードも貸金業法の管轄なのです。よって、どちらも同じ貸金業者ですので気にする必要はありません。

 

審査に用いる信用情報についても、信用情報機関同士で情報の共有がされているので、同じ情報に基づいているのが実態です。

 

要するに、クレジットカードのキャッシングだろうが、消費者金融から即日融資を受けようが、同じ貸金業者からお金を借りていると言うことです。当たり前のことですが、返済事故などの債務不履行が起こった場合、信用情報にその情報がわたるという部分も共通です。

 

消費者金融は怪しいという先入観だけで、融資を受けたくないと判断するのは、ムダな利息を払うことになります。何となくのイメージだけで損をしないようにして下さい。怪しい、怖そう、というのは絶対的な知識不足から起こるものですので。

 

ちなみに、テレビでだれもが目にしたことがあるようなよく知られた大手消費者金融は、大手銀行のグループ企業であることも多く、法律を順守した金利で貸し付けを行い、安全かつ安心な経営を行っています。もし良くない噂が広まってしまったら、グループといった理由で、大元の銀行の評価にも関わってくる危険性がありますからね。

 

アコム:三菱東京UFJグループ
プロミスとモビット:三井住友フィナンシャルグループ

 

また、無利息サービスや即日ニーズへの対応力、無人契約機の拡充など、サービス面でも利用者の為に資本を投下して、より使いやすい環境を整えている点も見逃せません。

 

ただし、消費者金融を利用する際には注意点もあります。

 

闇金にうっかり手を出さないように

手錠で繋がれた刺青の入った腕の画像

誰もが知っているような消費者金融カードローンを利用するのは問題ありませんが、誰も名前を知らないような消費者金融には近づかないことをおすすめします。

 

違法な貸金業者の可能性があり、闇金業者と言われる連中が獲物を待ち構えているのです。「30万円まで審査なしで即日OK!」などと、有り得ないほどの好条件をうたっている所は間違いなくヤミ金であると疑いましょう。

 

法律上、貸金業者は登録が必要なのですが、それをしないで貸付も異常に高い金利で行い、非常に厳しい取り立てが行われます。

 

貸金業を営むには法律上、様々な決まりがあります。法律で定められた金利を守ることの他に、法律は取り立ての方法についても厳しく取り締まっています。一般的に「取り立て」というワードを聞いて考え付くような恐喝のような言動はしてはいけないと法で厳しく定められているのです。

 

また、恐らく誰もが一度は見たことがある、電柱の張り紙広告。
「秘密厳守!安心融資!090-1234-5678」といった張り紙ですが、これも列記とした違法行為です。(※電話番号を広告に載せる際は固定電話と決められています)

 

意外と身近なところに闇金業者は潜んでいます。最近では、昔のように分かりやすい暴力団の金融会社というのは減少傾向にあり、変わりに「ソフト闇金」という業者が増加傾向にあります。

 

暴力団のフロント企業であったり、暴力団とは関係のない半グレ集団であったりと、とにかく違法業者と関わりを持ってはいけません。

 

ちなみに、暴力団については暴力団対策法の強化によって締め付けが厳しくなっていますが、半グレ集団についてはルールが通用しないので暴力団よりも性質が悪いという声もあります。また、最近では外国人の違法組織も増えてきており、裏社会の情勢は以前よりも複雑になっているので、絶対に関わってはいけません。

 

CMなどで話題の消費者金融であれば、コンプライアンスには力を入れていますので安心して即日融資のカードローンを利用することができます。

 

即日融資はどのカードローンが良いのか?まとめ

本サイトで掲載しているランキングは、即日に強い大手カードローンを厳選しているので間違いありませんが、それでも「判断基準が欲しい!」という方の為に、ケースバイケースでのお勧めをご紹介します。

 

ゼッタイ即日!という人

即日で借りたい人が選ぶのは?

 

即日融資が希望の場合には、融資までのスピードが早いカードローンを選ぶことが必須です。

 

その代表的な選択肢が、即日ニーズへの対応力に優れた大手の消費者金融です。

 

銀行カードローンに比べて金利が高めというデメリットはありますが、そこをカバーするのが無利息サービスのあるアコムやプロミスです。

 

消費者金融カードローンを選ぶ大きな理由は、即日のスピードが速い・無利息サービスがある、という2点です。

 

しかし、どうしても銀行の方が安心!という場合には、選択肢を正しく見極める必要があります。

 

大手メガバンクを始め、地銀でもカードローンの取り扱いが増えていますが、即日対応してくれるところは意外と少ないのが現状です。特に銀行カードローンの場合、自社の口座を持っているか否かによって融資スピードが変わるところも珍しくありません。

 

銀行の場合、即日に強いのは「三井住友銀行カードローン」「三菱東京UFJ銀行カードローン」「新生銀行カードローン」となります。(この3社は口座開設が不要で利便性も高いです)

 

50万円以上を借りたい!という人

高額を借りたい人が選ぶのは?

 

50万円以上の金額を借りたいとなると、収入証明書が必要になるケースがあるので、即日が希望の場合には予め用意しておく必要があります。(※高額な場合には、必ずしも即日融資にならない場合もあります)

 

収入証明書として利用できる書類

  • 給与支払明細書(※)
  • 源泉徴収票
  • 課税証明書
  • 確定申告書

※給与支払明細書は、直近の1ヶ月分だけではなく、2〜3か月分を準備しておくと間違いありません。

 

消費者金融の場合は、50万円を超える場合、他社での借入額と合計して100万円以上となる借入の場合に収入証明書を求められます。

 

銀行の場合は、総量規制の対象外となる為にそれぞれのカードローンで基準となる金額が変わります。

 

三井住友銀行カードローン 300万円以下は不要
オリックス銀行カードローン 300万円以下は不要
みずほ銀行カードローン 200万円以下は不要
三菱東京UFJ銀行カードローン 100万円以下は不要
新生銀行カードローン レイク 100万円以下は不要

 

「三井住友銀行カードローン」の場合は、300万円以下は収入証明書も不要で即日にも対応するスピード感もあるので、銀行の中では最も利用しやすいと言えますね。

 

また、借入金額が大きい場合には、まとめて返済するのも難しく「利息負担」が大きくなるので、なるべく金利面というメリットがある所を選ぶ必要性も出てきます。そういった意味でも、高額借入を希望する場合には、低金利で(可能であれば即日OK)の銀行を選ぶのが賢い選択です。

 

月々の返済額を抑えたい!という人

毎月の返済額を抑えたい人が選ぶのは?

 

カードローンでお金を借りた場合、利息を減らす為にもなるべく早めに完済するのが理想ですが、中々そうは言ってられない状況の人も多いですよね。

 

実はカードローンによって、毎月の最低返済金額に違いがあります。

 

▼10万円を借りた場合の最低返済金額(※千円未満の場合はいずれも切り上げ)

アコム 5000円(借入金額の4.2%以上)
プロミス 4000円(借入金額の3.61%以上)
アイフル 4000円(約定日制は4000円)
モビット 4000円
オリックス銀行 7000円
三井住友銀行カードローン 10000円
みずほ銀行 10000円
三菱東京UFJ銀行カードローン 2000円
新生銀行カードローン レイク 3000円

 

このように、それぞれのカードローンで最低返済金額に開きがあります。余計な利息を払わない為にも「早めの返済」が基本ですが、どうしても懐事情が厳しいときには「月々の最低返済金額」から借入先を選ぶのも一つの方法です。

 

万が一、返済が苦しい!という状況になっても、後ろめたさから連絡無しでブッチするのだけはNGです。信用情報を傷つけるだけではなく、カードローン会社からの信用もなくしてしまいます。

 

大手であれば「今月はいつもの返済額だと厳しい…」という場合にも、柔軟に対応してくれる場合が多いです。一時的に利息以上の返済額でOK、という救済措置をしてくれるところもあるので、返済で困ったときにはまずはオペレーターに相談してください。

 

即日融資で人気のカードローン特集へ戻る↑